#箱の中

しあわせになるために生きてます。とりあえず来年は海外に旅に出ます。

生きてるだけで大変エライので、それ以上頑張らなくていいですよ。

 

頑張ることってほんとに必要なことなのかな?

成功するためには、お金持ちになるためには、幸せになるためには努力が必要で、楽しんだり遊んでるだけじゃダメだ!みたいな考え方が一般的だけれど、ほんとにそうなのかな。

わたしは違うと思う。

楽しんで、楽してるだけでお金持ちになったり幸せになることもきっと可能なはずなのだ。

f:id:Theskyisthelimit:20180501153544j:image

「幸せになるために努力は必要ないのでは?」という旨の話を人にすると、大抵、人はそんなのは不可能だという。

例えばわたしが「大好きなことを仕事にすればいいのでは?」というと「大好きなことを仕事にしても絶対に嫌になるときがくる。大好きなことを辛いことに変えたくないから仕事にはしたくない」などという。

 

なぜ、嫌になると断定できるのか?

やったこともないのに。 

 

人は言い訳を見つけるのが得意だ。

できない理由をどこからでも見つけることができる。

 

可能性を信じることが苦手だ。

多くの人は明るすぎる光に怖気づく。

傷つくくらいなら鈍い光で溢れるぬるま湯に浸かっているほうが楽だという。

 

もちろんそれでもいいのだと思う。

だけどわたしはそれを選択しない。

わたしは光に手を伸ばすことを選ぶ。

苦しまず血の滲むような努力もせず、楽しく軽やかに明るく幸せに満ちた未来を掴み取ることを諦めない。

 

なんの決意表明だ?という感じだけれど、なんだか書きたくなったので書いてみたよ。

 

血界戦線にこんな言葉がある。

「光に向かって一歩でも進もうとしている限り、人間の魂が真に敗北することなど断じてない」

 

希望を手放さない限り、人は生きていけるんだと思うのです。