#箱の中

しあわせになるために生きてます。とりあえず来年は海外に旅に出ます。

無駄なことを楽しむって無意味なようで、ほんとはちゃんと意味がある

多くの人は無駄をきらう。

なんの役にも立たないこととか、意味がないこと、お金にならないこと、そういう生産性のない行為をする意味(価値)なんかない、と思ってる人って結構多いとおもう。

 f:id:Theskyisthelimit:20180320135652j:image

わたしも昔はそのひとりだった。

「時間を無駄にしてしまった」とよく思ってた気がする。

たとえば、長時間寝るのってもったいないないと思ってた。何もしないでゴロゴロしてるのとか苦手だったし、ゲームとかも時間の無駄だと思ってた。

 

でもあるとき気づいたんだよね。

そうやって「時間を有意義に使おう!」「意味のないことをしたくない」とか思って意識高い系なかんじで生きてると、人生あんまり楽しくないってことに。

 

何をするにも意味を求めてしまうから、たとえば友だちに「◯◯しようよ!」とか言われても、え?それやる意味あんの?とか思っちゃうし、なにか意味(価値)を見出せないと「やるのだり〜」ってなっちゃう。

その考え方だと行動がすごい制限されるし、つまんない人間になるし、なにより自分が全然楽しくない。

 

だから、そういうふうに考えるのやめまちた。   

「意味のないことをしたくない」

「有意義に時間を使いたい」

から、

「意味のないことをしよう」

「時間を無駄遣いしまくろう」

に変えた。

時間を有意義に使うことでも、意味(価値)のあることをすることでもなく、“ただ自分が楽しいと思う” ことを一番に考えることにしてみたのね。

 

そうした結果どうなったかというと、

人生が豊かになった、気がする。うん。

 

前はもっと、せかせかイライラした人間だったけど、そうやって

「無駄でも楽しかったらOK」「将来につながらなくてもやりたかったらやる」「意味なくても楽しかったらOK」

と思うように変えてからは、力の抜けたぽよーんとした人間になった。

それがいいのか悪いのかは分からんけども、まあわたしは気に入ってるからよし。

 

タイムイズマネーとか時間はお金では買えないとか、そういう自己啓発本に踊らされちゃいけない。

ほんとに大事なのは「自分がいちばん何を求めてるのか」をちゃんと見つめること。

 

そうやって考えてみたとき、わたしの場合は自分がほんとに求めてるものは

「ただ楽しくて幸せであること」

それだけであってそれに意味とか価値とかそんなものは別に必要ないんだった、てことを思い出した。それがいちばん大事なことだったのにすっかり忘れてた。

楽しかったらOKだし、幸せだったらOKなのです。

 

なんかそういえばこういう話、モモにあったなあ。久しぶりに読みたくなってきた。

 

人から見れば無駄なことでも、本人がすごい楽しんでやってれば、もはやそれは無駄なことではないし、逆に最高に有意義に時間を使ってることになるのです。

 

こんなの無駄だ!と世間一般では言われてることをいかに大切にするか、楽しむかっていうのが、人生をより豊かにするコツだよ。