#箱の中

しあわせになるために生きてます。とりあえず来年は海外に旅に出ます。

自分に自信はあるけど自己肯定感が低い人多くない?自己肯定感の高め方とは。

自分に自信があるって人はそこそこいるけど、“自己肯定感が高い人”って少なくないですか?

ここでいう“自己肯定感が高い”っていうのは「自分大好き愛してる!」って状態のことなんだけど。

自分に自信ありますか?という質問に対してYESと答えられても、じゃあ自分のこと好きですか?凄いと思いますか?という質問をすると「むむっ」てなっちゃう人結構多いと思うんだよね。

 

せっかくの自信だけど、肝心の土台がマイナスだと意味がない。

自分に自信がないから頑張ってきた人って、とても不安定。

 

どんなに周りから評価されて自信がついたところで、それは

「◯◯できるから自分には価値がある」

という自信だ。

 

だけど残念ながらそれはひっくり返すと

「◯◯できない自分には価値がない」

という自信でもある、ということ。

 

自分で努力して掴み取った自信というのは確かに素晴らしい。

だけどせっかくの自信も、肝心の土台がマイナスだと台無しだ。

それだけじゃ、心の底から100%しあわせにはなれない。

 f:id:Theskyisthelimit:20180211023537j:image

“作り上げた自分”、“努力してきた自分”に自信はあるけれど、“ありのままの自分”には自信がない。

 

昔のわたしがまさにそれだった。

自分に自信はあるけれど、自分に価値があるとは思えてなかった。

「価値がないからそのぶん頑張らないと」

そんな気持ちだったんだと思う。

 

だけど、想いに反して頑張れば頑張るほど虚しくなっていった。

みんなの中の「わたし」とわたしの知ってる「わたし」がどんどん離れていくのを感じた。

なにが楽しくて、なにが悲しいのか。

ほんとはなにがしたいのか。

どんどん分からなくなっていった。

わたしはわたしを見失っていた。

 

周りにどんな評価されても、必要とされても、心は満たされなかった。渇ききってた。

「それはほんとのわたしじゃない」どこかでそう思ってる自分がいた。

 

周りからの評価も自信も、わたしの自己肯定感を高めてはくれなかった。

 

一体どうすれば自己肯定感は高まるのか?

色々考えてそれからしばらくして気づいたのだけれど、

自己肯定感を高めるいちばんいい方法は、

ずばり「なにもしないこと」だ。

 

は?って感じかもしれないけどこれマジ。

「力を抜く」とか「もっとダメになる」という言葉でもいいのだけれど、つまりは今まで頑張ってたことを全部やめるってこと。

 

  • ホントの自分より大きく見せようとしてたのをやめる。
  • 嫌われないように必死に隠していたことをやめる。
  • 好かれようとして何かしてあげていたことをやめる。

 

むしろホントの自分以上にダメになってもいい。ほんとはできることもやらなくていい。

いっかい徹底的にダメ人間になってみる。

 

「自信をつけるためには、小さな成功体験をコツコツ積んでいくしかない」みたいな話があるけど、

自己肯定感を高めるには、

「ダメな(何もできない)自分を、誰かに認めてもらったり、受け入れてもらう」

というという成功体験をちょっとずつ積んでいく必要があるのです。

 

自己肯定感が低い人というのは、小さい頃にあまりそういう経験(ダメな自分を受け入れてもらう)をしてこなかった人達が多いはず。

特に親から。

毒親とまではいなくても、すごい厳しかったり、過保護すぎたり、コントロール型だったり、条件付きの愛しか知らずに大人になってしまった人は、自分でも気づかぬうちに“頑張りすぎちゃう人間”になってしまうんだとおもう。

それで生きづらくなる。

「生きづらいからもっと頑張ろう」と思って頑張っちゃうと悲劇がはじまる。

どんどん自分の首を締めてくことになる。

 

必要なのは足し算じゃなくて引き算。

頑張ることじゃなくて頑張らないこと。

できるようになるんじゃなくて、できないようになってみる。